パリでムール貝がヤバいくらい食べられるレストランLeon de Bruxelle(レオン・ド・ブリュッセル)

パリのカフェ・グルメ

こんにちは、パリに住んだことがあるぴよきちです。

 

緊急事態宣言で、せっかくあたたかくなってきたのに、レジャーや食事に行ったりできない日々ですね…実際に行った気分になれれば幸いです。無事コロナが収束したら行きたいな

 

今回は、パリの有名なベルギー料理チェーン店、Leon des Bruxelles(レオン・ド・ブリュッセル)に行った感想をご紹介。

・ムール貝が好き!

・お手頃価格

・どこからでもお手軽に行きたい

・1人でも気軽に入りたい

という方におすすめです。

 

パリにいるときは、何度か行ったので、メニューもご紹介。

 

スポンサーリンク




Leon de Bruxelleに行ってきた

内装はこんなかんじ。チェーン店なので、カジュアルな雰囲気です。

 

 

定番のムール貝のココット17€
Beurre demi-sel, échalotes, vin blanc, persil frais

 

じゃーん!

 

鍋いっぱいのムール貝が出てきます!お鍋の大きさは、1人用の料理鍋(直径20cm異常はありそう?)くらい。

 

たっぷりのムール貝を、塩バター、エシャロット(タマネギみたいな野菜)白ワイン、生パセリで鍋いっぱいに蒸したベルギー料理。こってりしてるので、イタリアンパセリがいいアクセント。

これで1人分で、とってもお腹いっぱいに!

白ワインととってもよく合います!

 

 

プロヴァンス風ココット19€

A LA PROVENÇALE

オリーブ、白ワイン、トマト、ニンニクにローズマリーなどのハーブと一緒に煮込んだ、プロヴァンス風の味つけ。こっちはイタリアンっぽいです。

私はこれがいちばん美味しかったです。

 

付け合わせのバゲットとフライドポテトはおかわりし放題。気前の良い店員さんだと、お皿が空き次第次々と持って来ちゃいます

 

バゲットとフライドポテトはどの料理にもついてきます。

バゲットも、外はカリカリ、中はふんわり、絶品。

フライドポテトはマックよりも重くなくて美味しいです。

 

ムール貝とエビとトマトのプロヴァンス風煮込み23€

たっぷりのムール貝と大きなエビをトマトとオリーブ油、白ワインで似たココット。

平たいフライパンのような皿に出てきます。

 

ココットだけでなく、ムール貝のたっぷり入ったパスタもあります。ペペロンチーノ風です!

麺がちょっと太くて柔らかめ

 

最後はデザートのベルギーワッフル。

 

焼きたてのふわふわワッフルに、温かいチョコレートソースがかかってます。

 

写真ではちょっとわかりづらいですが、けっこう大きいです。友人と2人でシェアしました。

 

お店の情報

レオン・ド・ブリュッセルはチェーン店なので、いろいろなところにあるので、そのなかのアクセスしやすい一部をご紹介します。

 

シャンゼリゼ通り
63, Avenue Des Champs Elysées
75008 Paris

 

サン=ジェルマンデプレ
131, Boulevard Saint Germain
75006 Paris

 

オペラ座近く
30, Boulevard des Italiens
75009 Paris

 

バスティーユ
3, Boulevard Beaumarchais
75004 Paris

年中無休

2020年5月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、どのお店も閉まっています

公式サイト

 

パリのカフェ・グルメフランス忘備録
ぴよきちをフォローする
自己紹介
はじめまして
ぴよきち

ゆるミニマリストになりたい主婦のブログ。シンプルな暮らしで、より多くの心・時間の余裕と、貯金を手に入れたい。50平米アパートで2人暮らしの30代です。猫を飼うのが夢❤︎
フランスにワーホリ経験があるので、その時のことも書いています。

ぴよきちをフォローする
ちょころぐ

コメント