【まるで宮殿のよう】パリのスタバ・オペラ座前に行った感想

パリのカフェ・グルメ

こんにちは、パリに住んだことがあるぴよきちです。

 

今回は、パリのオペラ座近くにあるヴェルサイユ宮殿の一室のようなにスタバに行った感想をご紹介。

 

・コスパよくリッチな雰囲気のカフェ

・雰囲気の良いところで読書しながらコーヒーを飲みたい

・めずらしいスタバに行ってみたい

 

という方におすすめです。

 

行ったのは数年前ですが、今もほぼ変わっていないと思います。

 

スポンサーリンク




スタバ パリ オペラ座前店

パリを代表する観光地のひとつ、オペラ座の近くにあります。

外観は宮殿風でもなく、普通のスタバ。

 

パリのスタバの注文の仕方

注文するスペース。入ってすぐにあります。ここは宮殿風ではないのですが、天井から陽の光が入って、開放的な空間です。

 

パリのスタバでの注文の仕方は、

①頼みたいメニューと名前を伝える
→カップに名前を書かれます。

②ランプの前で名前を呼ばれるまで待つ
→受け取るときに名前で呼ばれます。ただ店員さんの名前の聞き間違いも多い

 

オーダーの流れは日本と同じですが、店員さんに名前を言って、受け取るときも名前で呼ばれるようになっています。

 

日本のように、

○○でご注文のお客様ー!

 

と呼ばれることはありませんので、フランス語が聞き取れなくてもちゃんと受け取れますよ!

 

パリのスタバのメニューは日本と同じ?メニューの一部をご紹介

ドリンクについては、
コーヒーはエスプレッソ、アメリカーノ、カプチーノ、マキアート、フラペチーノ等日本の定番メニューと同じです。マンゴーやラズベリーのフラペチーノや紅茶もありますよ。

 

残念ながら、日本のように、桜のフラペチーノやハロウィンの特別メニューみたいな、見た目華やかな季節限定の目玉商品はありません。

 

クリスマスの時に限定味はあったりしても、普通の質素な感じ(^^;)

 

フードは、日本の定番メニューと同じく、
ドーナツやケーキ、サンドイッチ、トルティーヤなど。ちなみに何故か、パリのトルティーヤは美味しいです。

 

ドリンクと同じく、インスタ映えしそうな限定スイーツはとても少ないです。

 

フランスのスタバは年中同じようなメニューです。ヨーロッパ全体的にそうかもしれませんが(^^;)

 

 

宮殿のようなデラックスな空間

店内はシャンデリアに、天井画、宮殿のようなデラックスな空間です。

 

店内の雰囲気は超豪華だけれど、普通のスタバのメニューと値段。

 

スタバのアカウントを持っていれば、無料のWifiが使えるので、パソコン開いて仕事や勉強をできます。

 

これだけデラックスなカフェ、ラデュレとかだったらちょっと緊張してしまうけれど、ここはリラックスムードです。

 

安くて、雰囲気のオシャレなところでお茶したい!

雰囲気のいいカフェでちょっと仕事しようかな?

 

という方、
とってもコスパ良いのでおすすめですよ!

 

 

アメリカンコーヒーをオーダー

コーヒーはスタバのアメリカンコーヒー。スタバの味でした。

 

こんな素敵なスタバはなかなかないと思います。観光地ですし、パリに行ったらぜひぜひ立ち寄ってみてください!めっちゃおすすめです、

 

 

パリのカフェ・グルメフランス忘備録
ぴよきちをフォローする
自己紹介
はじめまして
ぴよきち

ゆるミニマリストになりたい主婦のブログ。シンプルな暮らしで、より多くの心・時間の余裕と、貯金を手に入れたい。50平米アパートで2人暮らしの30代です。猫を飼うのが夢❤︎
フランスにワーホリ経験があるので、その時のことも書いています。

ぴよきちをフォローする
ちょころぐ

コメント