パリののだめに出たイタリアン・サンタルチアに行った感想

パリで有名なイタリアン、Santa Lucia(サンタ・ルチア)に行った感想です。

のだめカンタービレで、のだめがパリに留学中に食べに行ったレストランのモデルになっています。

有名店だけに、ピザもパスタも美味しく、お気に入りのレストランの1つでした。

一品17~18ユーロくらいで、大皿いっぱいとボリューミー、コスパもかなりよいです!

行ったのは2年くらい前ですが、回想録もかねて紹介します。

スポンサーリンク




お店の基本情報

住所

22 rue de Canettes 75006

最寄り駅
メトロ4番線サン・シュルピス駅
メトロ10番線mabillon駅

サンジェルマンデプレ付近

営業時間

日曜〜土曜12:00〜14:30、19:00〜23:30

お店の雰囲気

人気の観光スポット、有名ブランドのブティックも多い、サンジェルマンデプレ付近にあります。観光のついでにぴったりです。

すぐ近くには、ダ・ヴィンチコードに出てきたサン・シュルピス教会があります。

お店は割とカジュアルで賑やかな雰囲気。シェフがイタリア人で、パリにはそれほど多くない本格的なイタリアンだと思います。

日本人にもとても人気のお店で、日本人というだけで店員さんが絡んできますw

食べた感想

お気に入りの1品、ボンゴレとトマトのパスタ。

お皿いっぱいにたっぷりのアサリが入っていました。潰したにんにくが何かけも入っていて、かなり風味が効いています。

脂っこく見えますが、オリーブ油なので意外とあっさりとした味で食べやすかったです。

麺はわりと細めで固く、オリーブ油とアサリの出汁とよく絡んでいて美味しいです。

結構お皿に大盛りでしたが、17ユーロでした。

半熟卵と生ハムのピザ

もちもちした食感の生地に、たっぷりのチーズ

とろとろの半熟卵と生ハムが美味しかった

ハーフで20ユーロくらいだったと思います。(1枚で3人前くらいがちょうどいいです)

魚介のリゾット

アサリとムール貝とエビが入って、スープとよく絡んでいました。

潰したトマトやイタリアンパセリのアクセントも

これもにんにくがよく効いていました。

こんなに魚介が入って、20ユーロほどでした。

最後に

美味しくてお手頃で、食事に行く時の定番のお店でした。誰かと食事の時はとりあえずここ、といった感じで、パリ滞在中は4回も行きました。

一緒に行った人も大満足だったので、フレンチに飽きたら、是非おすすめしたいお店です!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする