アメリのロケ地になったパリで話題のカフェ・カフェ・デ・ドゥ・ムーラン

パリのカフェ・グルメ

こんにちは、パリに住んだことがあるぴよきちです。

今回は、映画「アメリ」の舞台になった、モンマルトルのカフェ、カフェ・デ・デュ・ムーランに行った感想をご紹介。

 

 

・映画アメリが大好きor観たことある

・クレームブリュレが大好き

という方におすすめです。

 

 

ぴよきち
ぴよきち

とは言っても、「アメリ」観たことないんだけどね。

という方もクレームブリュレが美味しくて、映画に出てきそうな雰囲気で楽しいですよ!(筆者観たことなし)

 

 

スポンサーリンク




カフェ・デ・ドゥ・ムーラン

カフェ・デ・ドゥ・ムーランは、映画『アメリ』の舞台になったカフェ。映画のロケ地としても使われました。パリ北部の、どちらかというと下町、モンマルトルにあります。

 

近くにはムーランルージュやサクレクール寺院があって、観光客も多いです。

 

 

ただ、どちらかというと貧しい移民の方も多く、ヤンキーとかスリが時々いるので、気をつけたほうが良いなと感じました。あまり女性お一人様向きではないかも(*´Д`*)

 

 

カフェ・デ・ドゥ・ムーランの内部。

 

日曜日お昼過ぎの、ちょうどおやつの時間に行きましたが、席数が多いのか、それほど混雑していませんでした。

 

アメリを知らなくても、ちょっとレトロで庶民的な雰囲気、和みますよ!

 

奥の方にアメリの写真があります。

 

 

カフェ・デ・ドゥ・ムーラン名物クレームブリュレをオーダー

映画『アメリ』にも出た(らしい)クレームブリュレをオーダー。

表面はカラメルソースが焼いてあって、暖かくてパリパリ、中のプリンはとろりとしていて冷たくて、絶妙♪

 

プリンにしては大きいのもあって、なかなかの食べ応え。

 

小さな可愛らしいカップに入ったエスプレッソコーヒーも美味しくいただきました。甘いクレームブリュレとの相性抜群です!

 

 

お店の基本情報

Cafe des 2 Moulin
カフェ・デ・ドゥ・ムーラン

住所 15 rue Lepic 75018 Paris

最寄り駅 メトロ2号線 Blanaheブランシュ

営業時間 年中無休(クリスマスイヴは休み) 7:00〜翌2:00

パリでは珍しく、朝早くから空いているのでモーニングにもおすすめです!

パリのカフェ・グルメフランス忘備録
ぴよきちをフォローする
自己紹介
はじめまして
ぴよきち

ゆるミニマリストになりたい主婦のブログ。シンプルな暮らしで、より多くの心・時間の余裕と、貯金を手に入れたい。50平米アパートで2人暮らしの30代です。猫を飼うのが夢❤︎
フランスにワーホリ経験があるので、その時のことも書いています。

ぴよきちをフォローする
ちょころぐ

コメント